基礎知識編 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を知ろう

予防・改善編はこちら

あなたは大丈夫? メタボリックシンドロームをチェックしよう

メタボリックシンドロームの診断基準となる4つの項目の数値をチェックしましょう。

メタボリックシンドロームの診断基準
内臓脂肪の蓄積
腹囲(へそ周り) 男性 85cm以上
女性 90cm以上
(男女ともに、腹部CT検査の内臓脂肪面積が100cm2以上に相当)
内臓脂肪の蓄積をチェックします。肥満の判定によく用いられるBMI(体格指数)ではなく、腹囲で判定します。
腹囲の正しい測り方はこちら

内臓脂肪の蓄積に加えて、下記の2つ以上の項目があてはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

脂質異常
中性脂肪 150mg/dL以上
HDLコレステロール 40mg/dL未満
のいずれかまたは両方
メタボリックシンドロームでは、過剰な中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少が問題となります。
高血圧
最高(収縮期)血圧 130mmHg以上
最低(拡張期)血圧 85mmHg以上
のいずれかまたは両方
高血圧症と診断される
「最高(収縮期)血圧140mmHg以上/最低(拡張期)血圧90mmHg以上」
より低めの数値がメタボリックシンドロームの診断基準となっています。
高血糖
空腹時血糖値 110mg/dL以上
糖尿病と診断される「空腹時血糖値126mg/dL以上」より低めの数値で、
「境界型」に分類される糖尿病の一歩手前がメタボリックシンドロームの診断基準となっています。

腹囲の正しい測り方

腹囲はズボンやスカートなどのウエストの位置ではなく、おへその高さで、衣服を着けない状態で測ります!

 

1立った姿勢で、2息を吐いて、3へその位置に巻尺を水平に巻いて測定します。

このページのトップへ

ページの先頭へ戻る